ミドリムシ(ユーグレナ)は何?

 

テレビや雑誌、ネットなどでよく見聞きする「ミドリムシ」ですが、
具体的にどんな働きがあるのか、どんなものなのか、実はあまりよく知らないという方も多いと思います。

 

興味はあるけれど、ミドリムシを食べる気にはなれない・・・という方もおられるのではないでしょうか。

 

そこで、ミドリムシ(ユーグレナ)について、詳しくご説明していこうと思います。

 

 

ミドリムシって一体なんなの?

 

ミドリムシと聞くと、どうしても理科の授業で習った緑色の生物を思い浮かべてしまいますよね。
「動いていたってことは、虫なの?!」「それを食べるなんて無理!!」
と思われている方も多いのではないでしょうか。

 

ミドリムシとは一体どのような生物なのかについて、ご説明します。

 

◎ミドリムシは藻の仲間

 

 

 

ミドリムシの学名は、ユーグレナと言い、虫ではなく藻の仲間だとされています。
じゃあどうして動き回るの?!と疑問に思われるかもしれません。

 

実は、ミドリムシにはこんな秘密があったのです!

 

◎ミドリムシは動物と植物の両方の性質を持つ生物!

 

 

 

ミドリムシは、動物としての性質と、植物としての性質の両方を持っているとされています。

 

動物としての性質:ミドリムシには毛があり、その毛を使って動き回ることが可能です。
植物としての性質:ミドリムシは光合成を行い、栄養素を作り出すことが出来ます。

 

この両方の性質を持っているのは、地球上でミドリムシだけだとされているのです。
私達は、こどもの頃の理科の授業で、とても凄い生物を見ていたのですね。

 

 

ミドリムシには59種類の栄養素がある!

 

 

 

動物と植物の両方の性質を持つミドリムシには、なんと59種類もの栄養素があるとされています。

 

・ビタミン(ビタミンB1、ビタミンB6、ビタミンC、β-カロテン、葉酸、ナイアシンなど)
・アミノ酸(イソロイシン、プロリン、メチオニン、チロシン、グルタミン酸、リジンなど)
・ミネラル(マグネシウム、鉄、カリウム、ナトリウム、カルシウム、亜鉛、銅など)
・不飽和脂肪酸(DHA、EPA、オレイン酸、ドコサペンタエン酸、リノール酸など)
・その他(パラミロン、GABA、ルテイン、クロロフィル、スペルミジンなど)

 

このように、59種類もの栄養素をバランスよく摂取することが出来るのです。
人間が生きていく上で必要となる栄養の多くを含んでいるため、注目されています。

 

食事が偏っている生活の中で、このようなバランスの良い栄養素を摂取できるというのは
とても健康的かつ素晴らしいことなのではないでしょうか。

 

 

パラミロンが凄いんです

 

上記の栄養素の中の一つであるパラミロンは、ミドリムシ特有の成分です。
このパラミロンが、ダイエットや便秘の解消などに一役買ってくれるとされています。パラミロンはスポンジのような形状をしており、吸水性や吸油性に優れています。そのため、身体の中の不要なものを吸い取ってくれるのです。

 

さらに、食物繊維と同様の性質のため、余分なものを吸い取ってから吸収されることなく余分なものを溜め込んだ状態で、便と一緒に体外に排出されるのです。腸内環境も整えてくれるということで、積極的に摂取したいですよね。

 

 

ミドリムシ(ユーグレナ)は東京大学などで研究されています

 

 

 

ミドリムシは、5億年も前から地球上に存在しており、昔から研究が進められてきました。

 

ですが、食品としての大量培養が難しく、試験管の中のみとなっていたのです。そんな中、2005年に東京大学による研究と、産学連携による技術などによって世界ではじめて、食品としてのミドリムシ大量培養に成功したそうです。

 

その後も、東京大学、大阪府立大学、近畿大学、兵庫県立大学などと連携し研究から品質管理などが行われています。ミドリムシは、石垣島の空気・水・太陽という3つの条件が揃っている状態で、生育されているそうです。

 

こんな記事も読まれています♪

ミドリムシナチュラルリッチでダイエットに挑戦!!ミドリムシナチュラルリッチで本当に痩せるのか実際に挑戦しました。

詳しく説明を見る

 

 

 

 

ミドリムシには世界中が注目しているパラミロンという成分が含まれています。そのミドリムシで健康面で期待出来る3つの効果がありました。

詳しく説明を見る

 

 

TOPへ戻る