ミドリムシで若返り効果あり

 

 

アンチエイジングに興味があるという方はとても多いと思います。
肌や身体にどんどん変化が見られると、どうしても気になってしまいますし
「若い頃はもっと・・・」と、過去の自分と今の自分を比べてしまう事もありますよね。

 

なんとか老化を防ぎたいと考えますし、若返りたいという気持ちがあると思います。

 

健康面において効果があるとされ注目されているミドリムシですが、
実は若返りの効果があると言われているのです。

 

今回は、ミドリムシの若返り効果について、詳しく見ていきたいと思います。

 

 

ミドリムシの若返り効果とは・・・?!

 

ミドリムシには若返り効果もあると言われているのですが、
具体的にはどのような効果を得る事ができるのでしょうか。

 

ミドリムシの3つの若返り効果
1.優れた抗酸化作用で酸化を防ぐ
2.紫外線による肌へのダメージを防ぐ
3.超善玉ホルモンの分泌を促進する

 

ミドリムシにはこのような3つの若返り効果があります。
では、もう少し具体的に見ていきましょう!

 

 

優れた抗酸化作用で酸化を防ぐ

 

 

 

年齢と伴に、肌や身体が老化していくことは仕方のないこと・・・
この老化には、「活性酸素」が大きく関わっています。

 

活性酸素には、食事や運動、紫外線などによって、体内でどんどん作られていきます。

 

本来ならば、外部の刺激から細胞を守るという働きを行う活性酸素ですが
この量が増えすぎてしまうと、細胞を傷つけてしまうのです。

 

活性酸素の強い酸化作用によって細胞が傷つけられると、細胞は酸化してしまいます。
細胞の酸化はすなわち老化を意味し、シミなどの原因となります。

 

 

そこで活躍するのがミドリムシ!

 

ミドリムシには、59種類もの栄養素が含まれています。
この栄養素の中には、ビタミンC、ビタミンE、ポリフェノール、セサミンといったような抗酸化作用の強い栄養素が含まれているのです。
これらのたくさんの栄養素を摂取することによって、細胞の酸化を抑制することが出来るというわけなのです。

 

紫外線による肌へのダメージを防ぐ

 

 

 

紫外線をあびることは、シミなどを作ってしまう原因となるとされています。
問題があるのは、この紫外線ではなく、先ほどご説明した活性酸素です。

 

紫外線は身体に有害となる物質を含んでいるため、
それらから細胞を守るためにたくさんの活性酸素が生成されてしまいます。
そして大量に出来た活性酸素が細胞を傷つけてしまい、酸化=老化してしまうのです。

 

 

ミドリムシには細胞を元気にする栄養素も!

 

ミドリムシには、ミネラルやアミノ酸などが含まれています。
これらの栄養素は、紫外線から身を守るために生成されすぎてしまった活性酸素によって傷つけられ酸化した細胞を元気にしてくれる働きがあります。内側からダメージを修復してくれるため、とても効果的です。

 

超善玉ホルモンの分泌を促進する

 

 

超善玉ホルモンと呼ばれている物質をご存知ですか?
発見されたのは1996年と比較的最近で、「アディポネクチン」という物質です。

 

このアディポネクチンは、血管の修復を行ってくれる役割があります。
動脈硬化や脳卒中、糖尿病、高血圧、高脂血症や、生活習慣病を予防するという報告がなされています。

 

栄養を全身に運ぶ役割は、血管が担っています。
この血管を綺麗に修復してくれるアディポネクチンは、老化を防ぐことと関わりが深いとも言えます。

 

 

ミドリムシは超善玉ホルモンを促進!

 

ミドリムシは、この超善玉ホルモン「アディポネクチン」の分泌を促進するという効果も持っているのです!アディポネクチンの分泌が促進されれば、血管の中はさらに綺麗になります。血管が健康で綺麗に保たれているという事は、栄養素も肌に届きやすいということです。

 

 

ミドリムシでアンチエイジング

 

上記のように、ミドリムシはアンチエイジングケアに効果的となっています。
活性酸素が細胞を酸化させてしまうことを防ぎ、血管を綺麗にします。

 

身体の外側からのケアを行うことも大切ですが、
やはり身体の内側がボロボロでは何も変えていくことは出来ません。

 

身体の内側から綺麗になるためにも、ミドリムシはとても効果的です。

 

 

 

こんな記事も読まれています♪

ミドリムシでお通じが改善するって知ってましたか?今注目のミドリムシ。では一体どんな効果があるでしょうか?

詳しく説明を見る

 

 

ミドリムシが注目を浴びているいる一つとして、ダイエットの効果が期待されています。ミドリムシのダイエットに欠かせない成分とは一体どんなものなんでしょうか?

 

詳しく説明を見る

 

TOPへ戻る